フォト
無料ブログはココログ

私のWebに戻る

« 企業の社会的責任 | トップページ | 日本の財政赤字解決と不況克服は同時に可能!? »

2012年1月21日 (土)

政党助成金受け取らないでどうやって日本共産党はやってるの?

 今日、初めて参加した町会新年会で、温かく迎えられながらも予想された多くの声をかけられました。「日本共産党は政党助成金を受け取らないけれどどうやってるの?」「反対ばかりだから困るんだよ」「あれもやったこれもやったと成果を横取りするからだめだ」「共産党というと三鷹事件やメーデー事件など思い浮かんで支持する気がしない」というものです。それなのに「あなたはなぜ共産党やっているのかい?」というものです。

 考えてみると面白いのは、それでいて「共産党きらいだ!」と真っ向から拒否する人が1人もいないのです。話は進みました。「元々どの政党も政党助成金がなくても生きていました。よくも悪くもです。それと、今だっら震災救援につかってくださいというのがせめて政党のたちばではないでしょうか」というと「ああそうか」となります。「もらった政党はその後国民にさらに役に立っていりと感じられますか?」と聞くと「そんなことないなsign02」となりました。「じゃ政党にはやめて国民のために使ったほうがよっぽどましではないでしょうか?」で一致し乾杯になりました。「日本共産党の反対、賛成の基準は国民・区民のためになることは賛成、ならなければ反対し対案を必ずだすまじめな政党です」「実際大田区でも7割は賛成、3割は反対です」「そうか?反対ばかりしているイメージだけど」と和らいでもらいました。「共産党はソ連と25年間も干渉と闘って勝利しました。あんな国民を幸せにできない、自由もない体制は共産党ではありません」「三鷹事件も松川事件もでっち上げと後にわかり裁判で無罪が確定しましたが悪いイメージだけは国民に浸透してしまいました」と述べると話は「今日はとことん語ろうじゃないか」と距離が縮まり有意義な場になりました。いつの間にか他党の議員はいなくなっていました。実は多くの方が「蒲田病院ありがとう」とか「いつも駅や街角でマイク握っていますね、あのサンリンリムジンはいいですね」との激励をいただきました。

 これからもがんばります。

« 企業の社会的責任 | トップページ | 日本の財政赤字解決と不況克服は同時に可能!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175438/53789763

この記事へのトラックバック一覧です: 政党助成金受け取らないでどうやって日本共産党はやってるの?:

« 企業の社会的責任 | トップページ | 日本の財政赤字解決と不況克服は同時に可能!? »